サイトのトップへ     サイトマップ     ご意見       

Home -> PC関係レポート -> 玄箱


玄人志向 kuro-box(玄箱)

現在は、ThinkPad本体にIOデータ製HDN-80DV(HGST製HTS541080G9AT00 80G 5400rpmのOEM)を積んでいて、
ウルトラベースX3に元に入っていたHGST製の40Gのハードディスクをウルトラベイ2000 セカンド HDD アダプターに載ってて使っています。
が、ハードディスクの故障で無くはめを一度ちゃんと受けたので、週一回バックアップを取っているんだが、、、容量不足が深刻になってきた。
というのも、MTVX2004USBを買って以来、ギガレベルのデータを保存するようになったのが原因。 というか、番組一個ぐらいしか取るスペースがない(笑)
バックアップソフトにはR&R(IBM Rescue and Recovery) を使っているんですが、だいたい18G-25Gほどをバックアップが占領するので、Linuxのデュアルブートしたりしてると当然ですが慢性的な容量不足です。
で、興味あった玄箱を買いました。

内蔵するHDD

玄箱は3.5ichのIDEハードディスクが必要です。
今回は、 ということで、何がなんでも5400rpmのハードディスクが欲しかったんです。
300Gも400Gもさすがに必要ないので2005年2月現在で一番1G単価が安かったMaxtor製の4R160L0(160G,5400rpm,流体軸受け)モデルにするつもりだったんですが。
どこも売り切れ売り切れ。。。
なんでも、生産終了らしいです。
ちなみに、Maxtorは私が最初にパソコンをさわったNECに入ってました。
しかも、買って数ヶ月でハードディスクがダメに
当時はサポートに「エムエーエックスティオーアール・・・・・とかいうエラーが出てます」と電話したのを覚えてる(笑)
一万を超えるなら250Gの最安値モデルが買えるのに・・・
やむを得ず、他の5400rpmモデルを探すもなかなか無いです。
Seagete製にしようかとも思いましたが、発熱や回転数の問題で諦めて、ちょっと高いけど同じMaxtor製MaXLine IIシリーズの5A250J0(5400rpm,250G,ボールベアリング)にしました。
信頼性を売りにしているということで、3年保証もあるのでちょっと奮発してこいつにしました。
kuro-boxと一緒にPC-Successで購入したかったのですが、在庫切れだったので一番安かったBEST-DOにて通販で購入しました。
買ったのが2月8日。
本体の製造日を見ると2005年1月15日とあるので、出来たてホヤホヤです。
シンガポール製。

Home -> PC関係レポート -> 玄箱

byまちゃ(連絡先)