サイトのトップへ     サイトマップ     ご意見       

Home -> PC関係レポート -> ThinkPad with RedHat Linux


ThinkPad X31 with RedHat Linux


RedHat Linux


以前(実家)で使っていた、NEC VALUESTARではいろいろやってみたものの、Linuxがうまく起動してくれなかった。

大学でも、授業で使うようになるのでLinuxを割と積極的にサポートしてるThinkPadにRedHat Linux 9をインストールしてみた。


注)ThinkPad X31ではVine Linuxの動作確認がWeb上で報告されているが、私の機ではboot failedとなり、うまく動いてくれなかった。


パーティション
60G NTFS WindowsXPメインOSなのでおおめにした。
50M ext2 ( /boot )とりあえず、手持ちの本に従う
64M swap ( /swap )64Mにしたのは、下記参照
17G ext2 ( / )パーティションを分けるメリットがあまり実感しないので、17Gをルートパーティションに分ける
1G fat ( /win )WindowsとLinuxのファイルのやりとり用。
こういう共用パーティションはあった方がいいと思う。
手持ちの古いLinuxインストール方法の本には、スワップ領域はメモリと同じか1.5倍程度なんてことが書いてあるが、@ITの記事によると、最近のパソコンならスワップ領域はそんなに必要ないらしい。

実際、起動してみるとスワップメモリ使用量は0だったのでほとんどいらないみたい。

あとは、本に従ってブートローダを「ブートパーティションの最初のセクタ」にインストールし、指示通りにインストール。
OSのローダーはNTローダにした。

Home -> PC関係レポート -> ThinkPad with RedHat Linux

byまちゃ(連絡先)